小型モジュール炉

小型原子炉、SMR(スモール・モジュラー・リアクター)とも呼ばれる。
現在商用化している原子炉は出力100万キロワット級だが、
それよりも小さな小型原子炉をさす。

次世代の原子炉と期待

世界が脱炭素へと舵を切るなか、次世代の原子炉と期待されている。

現在は、アメリカ、日本、中国などが開発にしのぎを削っている。

小型モジュール炉は、工場で組み立てを完了し、完成品として現場へ納品する。
そのため初期投資抑制や工期短縮が可能となる。
建設費が1兆円を超えることも多い軽水炉型に対し、数分の一で済む可能性があるとされる。

また、小型モジュール炉は小型であるが故に、熱の排出がしやすいのが特徴。
事故の際は自然に冷却されるため、環境への安全性に配慮しているとも評価されている。

しかしながら、発電出力が30万キロワットと小さいため、スケールメリットが効きにくく、その結果運用コストが下がりにくいことも予想される。

メリット

・品質管理の確実性向上
・工期の短縮
・通常の原発より安価に建造

デメリット

・発電出力が30万キロワットと小さい
・小さいがゆえに従来の原発と比してスケールメリットが効かない
・運用コストが下がりにくい

主な開発メーカー

日立GEニュークリア・エナジー

日立製作所+ゼネラル・エレクトリック(GE)との合弁会社。

ニュースケールパワー

米スタートアップ。
日揮ホールディングスやIHIが出資。

ロールス・ロイス

軽水炉の技術を転用。IT活用で運転・管理などを効率化する。

東芝

冷却材に液体ナトリウムを使う高速炉など2種類を開発。

三菱重工業

主要な機器を原子炉容器内に統合する独自の設計。

そのほか

事故の際は放射性物質を環境中に放出するような事故のリスクが低いのはメリットとなる。

しかしながら、使用済み燃料の処理保管や廃炉後の放射性廃棄物の問題は現状の原子炉と何も変わらないことに注意が必要である。放射性廃棄物は数万年単位での管理が必要なものがあるため、最終処理方法や最終処分場が決まらないまま開発することにも異論があることは否めない。

タイトルとURLをコピーしました